ニャンコにいさんブログ

ニャンコのこともニャンコ以外のことも書いてます。他愛ない雑記ですが、ほんのひととき、おつきあいくださいませ。

小川悦司『真・中華一番!』 あらすじ

イントロ


西南中国へ料理修業に赴いたマオは、旅で出会った弟分シロウと帰途についていた。広州目前の鶏窩町(ニワトリタウン)。亡き兄の意志をつぎ、真っ黒な鶏を飼育する少女と出会う。町の人々は不幸の鶏と恐れていたが…。

 

広告の下から、あらすじ紹介が始まります

 

Amazon Kindle版 全巻まとめ買い
下のボタンは「真中華一番」検索結果にリンクしています

 

 

『真・中華一番!』あらすじ
(コミックス各巻ごと)

 

 

第1巻 鋼棍のシェル登場

 

鶏肉菜品定会で、マオは伝説の霊鳥・烏骨鶏料理を作り優勝した。チョウユはマオの成長を認め、留守中の陽泉酒家を任せる。

 

そこに、ひとりの男が現れた。シロウの不始末の責任をとるため、マオは男の出した条件を満たす料理を作る。

 

男はマオの腕を認め、勝負を挑む。彼は鋼棍のシェル、特級面点師だった。シュウマイ勝負では、シェル自身がマオに軍配あげる。

 

ちょっと一言

第1期の『中華』にヌンチャク包丁の使い手が出ていましたが、ついに戦闘的な(曲芸的な?)料理法の使い手シェルが登場します。

 

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!
「小川悦司」検索結果にリンク

 

 

第2巻 七星刀のレオン登場

 

仮面の料理人リエンから召集され、チョウユが料理勝負を強いられる。

 

蠍の毒に倒れたチョウユの代わりにマオが闘う。覚醒の技量を発揮し、解毒剤を手に入れた。リエンは「裏料理界」の存在を明かし自決する。

 

かつて陽泉で修業していたレオンが現れる。レオンは刀工の達人になっていたが、その手には裏料理界の刻印があった。伝説の厨具をかけ、マオはレオンと対決する。

 

ちょっと一言

修行物語から戦闘モードへ、『 ドラゴンポールZ』のような転換です。「裏料理界」登場以後はジェットコースター的に展開します。

 

 

第3巻 伝説の8厨具

 

両者身を削る戦いの末マオが勝利。

 

伝説の厨具・永霊刀は、マオだけでなくレオンも正統継承者だと示した。レオンは裏料理界と決別し戻って来たのだった。

 

ほどなく刺客の企てにより永霊刀は力を失った。陽泉のルオウ大師によれば伝説の厨具は中国8地方に点在するという。

 

裏料理界の手から守るため、マオ、レオン、シェル、シロウは厨具のを求めて上海に向かった。

 

 

 

第4巻 裏料理界から挑戦状

 

チョウユの娘メイリィを加えた5人は福建省に来た。特級厨師を騙るセイヨに上質のフカヒレを買い占められ、港町は寂れていたが、マオ達が救う。

 

その後、船が嵐にあうが、船上に海水を真水に変える調理具を発見し切り抜ける。

 

上海でサンチェと再会。そこに裏料理界から宣戦布告があり、伝説の厨具の在り処を示す暗号と地図をかけて闘う。

 

初戦はスープ決戦。サンチェはスッポンとメロンで”錦猛虎”ロウコを破る。

 

 


「小川悦司」検索結果にリンク

 

 

第5巻 レオンの敗北

 

第2戦は点心勝負。シェルと伝説の面点王ラコンが闘う。審判は甲乙つけ難く引き分けとなる。

 

第3戦は上海蟹を用いた勝負。不敵な美女、”一丈青(いちじょうせい)”シャンはレオンを指名する。

 

レオンは7つの名包丁・七星刀を2度と作れぬよう刀鍛冶職人を殺してしまったと懺悔の告白をする。

 

だがシャンもまた七星刀を携えていた。レオンはシャンの術中にはまり、敗北する。

 

 

 

第6巻 ショウアンとの再戦

 

シャンの七星刀は、レオンの手にかかった刀鍛冶を秘術で治癒させた見返りに作らせたものだった。

 

最終戦。マオの対戦相手はショウアン。マオの母の死後、総料理長の座を争った因縁があり、再び豆腐料理で勝負する。

 

実力伯仲の闘いは、シャンの妨害工作を逆手に取り独創的な料理を作ったマオが勝利する。伝説の厨具・転龍壺を発見し、サンチェに託した。

 

 

 

第7巻 裏料理界最強・五虎星始動

 

次の目的地は四川。途上で知り合った雑技団に、シェルが強盗の罪を着せられる。マオの麺料理で時間を稼ぎ、レオンが真犯人を連行した。

 

九華山では、セイヨが村人たちを洗脳していた。マオは伝説の彗星神を演じて救い、第3の厨具・魔聖銅器を入手する。

 

裏料理界総本山では、最強の五虎星が動きだす。長江の船上、マオ一行の前に”豹子頭”アルカンが現れ、火工勝負を挑む。

 

ちょっと一言

最初のアニメ(1997年~1998年)は、セイヨの後オリジナルストーリー4話で終了。五虎星は顔見せしていません。

 

日本最大級の電子マンガサービス
「小川悦司」検索結果にリンク

 

 

第8巻 謎の少年ジュチ登場

 

マオが先に2品を完成させるが、アルカンの1品を越えられない。劣勢に傾いたが、豪雨に救われ、勝負はお預けに。

 

直後、シャンらが急襲。シェルとレオンは体を張り海の彼方に消える。

 

四川・菊下楼に着くと臨時営業し盛況だった。臨時総料理長の少年ジュチがメイリィに求愛。焦ったマオは料理勝負を挑む。

 

だがジュチは味見せずマオの調理ミスを言い当てるほどの超感覚を持っていた。

 

ちょっと一言

シェル、レオンがマオを守るため、シャン、ロウコと闘いつつ海の彼方に消えていく場面は、劉備を守る関羽、張飛さながらの名場面です。

それだけにジュチの狡猾さが憎らしいのですが、ストーリーは盛り上がっていきます。

 

 

第9巻 五虎星ジュチ敗れる

 

メイリィが勝負の審判に立候補。マオの料理を食べるうちに突然倒れる。食材に毒キノコが混在していたとジュチに指摘され、役人はマオの負けを宣告した。

 

精神的に追い詰められたマオの前に、宮廷直属の龍厨師となったフェイが現れ助言する。

 

メイリィが意識を取り戻しマオを勝者としたため、再び勝負することになった。

 

冷静になっていたマオは五虎星”飛天大聖”ジュチの秘密を見破り勝利する。

 

ちょっと一言

ジュチのモデルは明らかに孫悟空ですよね。斉天大聖をもじっていますし。初期のシェルの出で立ちもまた孫悟空です。

小川先生お好みのモチーフのようで、『天使のフライパン』キッズカーニバルの中華シェフは完全に孫悟空です。頭の輪っか(緊箍児:きんこじ)までつけています。

 

 

第10巻 第5厨具は裏料理界の手に

 

成都目前、マオとフェイは龍神沼伝説の「龍」を料理し、伝説に振り回される村びとたちを解放する。

 

成都では麻婆豆腐専門店姉弟の後継者争いを演技で丸く治めた。第4の伝説の厨具・迦楼羅刀(かるらとう)を入手。継承者となったフェイは、厨具を滝に沈め封印し、別れ去る。

 

陶器の町。シロウが巨大岩で発見した食材は、貧乏らしの陶磁師親子に運よく大金をもたらす。

 

その頃、泰山に眠る第5の厨具・貪狼壺(どんろうこ)を五虎星・”浪子”エンセイが手に入れていた。

 

 

 

第11巻 五虎星筆頭カイユの企み

 

意識不明のシェルを褐色碧眼の美女が救う。彼女は五虎星”青眼虎”ミラ、敦煌決戦の相手だった。

 

敗北したシェルの復讐戦。レオンはミラの超感覚を悟り、巧みに勝利する。

 

マオは裏料理界梁山泊に到達。五虎星筆頭”入雲龍”カイユから中国全土支配の企みを聞かされ、マオは抗戦を宣言した。

 

マオはアルカンとの再戦に勝利するが、自決を遮った。伝説の厨具と地図を奪い、カイユは梁山泊に水を放つ。しかしアルカンが身を挺してマオを守るのだった。

 

ちょっと一言

レオンの料理を食べた時のシャンが脱衣します。『真』の美味表現では唯一です。ミラが沐浴中の全裸姿で登場するので、美女脱衣の巻ですね。

 

 

第12巻 裏料理料理界の終焉

 

皇帝開催料理大会が行われる。優勝者は龍厨師となり、伝説の厨具・玉龍鍋(一対)が与えられる。

 

課題は満漢全席。裏料理界カイユとエンセイが参加し予選を楽々突破。マオの元に仲間が続々集結、辛くも予選突破する。シェルは伝説の厨具・霊蔵庫を入手していた。

 

カイユとの対決。カイユが気を練った毒膳料理で西太后の意志を操りかける。だがマオは太陽の力を生かした黄金チャーハンで毒を凌駕する。

 

カイユは伝説の厨具を狙い射殺された。先に試合放棄していたエンセイは、カイユの亡骸を葬るため去っていった。

 

マオとフェイの決勝は引き分け。料理で大陸中を幸福にするため、仲間とともに旅立つ。

 

 

番外編『広州の一番長い日』
マオがまだ陽泉酒家で修業を始めたばかりの頃。チョウユ秘蔵の高級ワインをうっかり割ってしまった。賞金目当てでメイリィとマオは広州大食い大会に参加するが…。

 


「小川悦司」検索結果にリンク

 

ちょっと?一言

五虎星との闘いが始まって以降に連載終了が決まったのだろうと思われます。

エンセイVSフェイ、マオVSフェイの闘いを省略することでカイユの恐ろしさをどうにか描いた感じです。致し方ないことですが、カイユの力を存分に見たかったところです。

省略された対戦について『極』で回収されつつあります。先生もきっと心残りだったんですね。

巻頭の言葉に、キャラクター達が中国大陸を駆け巡る姿を夢見つつ筆をおく、とあります。20年後、現実になろうとは。話中で、エンセイも2度会うことはないだろうと言っています…。感涙。

さらに、一言

それにしてもセイヨが3度目の登場。こういう懲りないキャラ、先生は好きなんでしょうね。巻末余白にシロウやシャンが好きと書いてあります。

最終話、巡り合った人々の今を描いた見開きに、アルカンとリコと思しき後姿が小さく描かれています。この辺もまた気になりますね。

カッコいい老人好きとしては、ルオウ大師が腕を振るうシーンを見られなかったのが残念です。



『中華一番!極』あらすじへ
『中華一番!』あらすじ
小川悦司作品紹介へ

ツタヤディスカス以外「小川悦司」検索結果にリンクしています。




『中華一番!極』あらすじへ
『中華一番!』あらすじへ
小川悦司作品紹介へ





Copyright
ニャンコにいさんブログ
All Rights Reserved.